■ 生と死を越えて

■ 生と死を越えて
  Death―The Great Fiction

 「死の恐怖」を語る

「荷車の二つの車輪のように、生と死は手に手を取りあって進んでいる」とOSHOは言います。この中で、死ぬことはまさに生きるというプロセスの一部であり、セックスと死は連結しており、生と死に関して選択したり、同一視したりすることなく、生をトータルに生きてゆくことが、安らぎに満ちた平和へと至る唯一の方法だと語っています。同一視することなく観ることを通して、人は決して生まれることもなく、決して死ぬことのない、何か超越したものであるということを実現するのです。

2,832円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

お知らせ

ログイン・会員登録

ログインしなくても
お買い物はできます。

リンク