永久の哲学 2

永久の哲学 2
―ピュタゴラスの黄金詩―

必然と力の法則――自らを照らす光

■四六判・並製・456頁
■2006年12月11日発売
■CONTENTS
■完全な満足の芳香 ■天に唾するなかれ
■勇敢な経験 ■出会うまで神はいない
■現実への逃避 ■神だけが存在する 他
--------------------------------------------------------------------------------
●P H I L L O S O P H I A P E R E N N I S  2

奇跡や物質化現象、菜食と輪廻転生の関係、
過去生、進化論、そして癒しの力など、
さまざまな精神霊性の領域を渉猟しながら、
ピュタゴラス哲学の精髄である「中庸の錬金術」に迫る、
覚者・OSHOの永久の生へのいざない。

◆    
「世間を放棄してはならない。
また、世俗的であってもならない。
バランスの中に喜びを見い出しなさい。
踊りなさい。と言うのも、バランスはダンスだからだ。
歌いなさい。と言うのも、バランスは歌だからだ。
音楽的になりなさい。
と言うのも、バランスは音楽を生み出すからだ。
そして、覚えておきなさい。それぞれにおいて、
全てにおいて、中庸は守らなければならない。
そして、中庸を守ることができたなら、
あなたは黄金になる。
あなたの卑金属は、貴金属に、黄金に変容されるだろう。
黄金は究極なる頂の象徴だ。
だから、ピュタゴラスはこれらの教典を
黄金の詩句と呼んだのだ。」
              ――OSHO(本文より)

2,657円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

お知らせ

ログイン・会員登録

ログインしなくても
お買い物はできます。

リンク